FC2ブログ



 2015年 1月 17日 青山劇場

  ☆さよなら!~ 青山劇場☆ 
       PLAYZONE 30YEARS

    13:00公演 1階F列 47番
    17:30公演 1階K列 26番

 行っちゃいましたよ。最後の青山劇場。


中山優馬、撮ってきてあげたわよ~♡ ←私信




トラビスジャパンはちょっとタイミングがずれてしまって、途中からですんまそん。


みゅーとはもう名前だけでかっこいい











トラビス、全員取れなくて申し訳ない






めちゃくちゃ楽しみだったPLAYZONE。わくわく・どきどきしながら行ってきました。

渋谷駅でyuminと待ち合わせ。青山劇場近くのバーガーショップで
軽くランチして、いざ劇場へ!

昼公演は一番後ろのお席にたいちゃん・玉ちゃん・きたみっちゃん
並びでご観覧。きたみっちゃんが通路側でした。
途中でつばさから若干の紹介ありで、ラストにライト当たっての
きちんと紹介ありでした。たいちゃん黒のライダースジャケットで
頭にグラサン乗せてたような?玉ちゃんも黒っぽいジャケット
だったような?北山さんはデニムっぽい青のシャツジャケット
だったような?すでにうろ覚えですんません。この3人で観劇って
ことは舞祭組は別仕事かな?とyuminとこしょこしょ。

昼公演と夜公演の間は、同じ観覧日だったのでNちゃんとJちゃんと
待ち合わせをして劇場近くのご飯屋さんでおさしみ定食を
食べて、ひとりでビール飲んじゃった。この合間のビールが
また美味いのよねー。やめられまへんなぁ。

夜公演は黒柳徹子さまとマッチさまご観覧。
まだ明るい内にご入場だったので、黒柳さまも手を振るお客さんに
手を振ってくれたり、マッチさまも立ちあがって両手を振るサービス
ぶり。さすが大御所は態度も大御所。かっこええっす。
マッチさま真っ黒くろのすけで、冬なのにどーしてあそこまで
黒いんじゃろ?たいちゃんは地黒なんだろうけど(笑)
つばーささまも黒いのぉ。これも地黒かいな?
こちらも最後にライトあたりーののご紹介ありーのでした。

今回は撮影のためなのか、毎回そうなのかわからないけど
最前列センター席とM列センター席にカメラ固定して撮影
してました。M列カメラには通路登場のサービス曲のときに
みんなカメラアピールしてて、私のほぼ真後ろにカメラがある
ため、みんなこっちを向いてくれないんですぅ。しかも
私が真後ろ向いてるとカメラに映り込んでる?って気分に
なっちゃって、おちおち後ろも向いていられず、ちょっと
ぐっすん気分でした。みゅーとが来た時だけは、もう必死で
真後ろ向いてたけどね。なはは。

翼さまのご出演曲数が減ってしまってファンの方はちょっと
寂しい舞台になっちゃったのかもしれないけど、その分
1曲入魂状態がすさまじく、毎回こんな気合入れて歌って踊って
やってたら、曲数減らしてもめちゃ大変そう・・・と思ってしまった。
でも、その気合に引っ張られるように、メンバー全員それはもう
素晴らしいステージっぷりで、みんなピカピカに光ってました。
ま・ま・まぶすぃ~かったです。みんなすごく楽しそうで、オーラも
出まくりで、本当に楽しくて楽しくてわくわくが止まりませんもん。

みゅーともホント楽しそう。ラストのメンバー紹介のときは、
自分たちの番がくるまで、江田くんとだったかなぁ?肩組ん
ぴょん・ぴょんしてて、かわいいんだもーん。

ダンスも本当に全員素晴らしすぎるくらい素晴らしくて、
何度でも見たくなる舞台ですよねー。
あ~、あらんちゃんもいる完璧なトラビスが見たかったなぁ。
残念すぎる。青山劇場から劇場を代えてもPLAYZONEが
続くのであれば、完璧なトラビス見せていただきたい!と
切に願うのでありました。

夜公演はセンター席だったゆえに、演者に見つめられてる
気分味わえて得した気分でした(笑)
優馬ちゃんは目が大きいので、こっち見てないのわかるんだけど
みゅーとは踊るとき目を大きく開いてはいないので、顔が
正面向いてるだけで見つめられてる気分。この気分大事っすよ。
もう若返りホルモン、がんがん出た気がしたもん。
あ~楽しかった。

帰りはNちゃんと駅弁買ってビール買って、おしゃべりしながら
白河まで一緒に帰ることができたので、すっごく楽しい1日となりました。

こんな楽しいこと、やっぱ辞められないよねー


Endless SHOCK

Johnny's world 2015新春

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。