FC2ブログ













 2014年 10月 11日 MOVIEさいたま

  映画「近キョリ恋愛」初日舞台あいさつ  山下智久 小瀧望

   13:10開演   C列  5番 

   16:30開演   K列  10番



入場したときに気が付いて写メればいいものを、帰りに
気が付いちゃったので、すっごい人ごみの中、しかも
スマホの充電きれちゃってシャットダウンしちゃうし、そんな
困難を乗り越えて、なんとかかんとか取れた写真がこれさ。

あまりにも出来が悪すぎだけど、一応ぴーちゃんのサイン
だぞ!ってことで、お許しを・・・(^_^.)

MOVIEさいたまでの1回目、3列目の上手端。映画が近すぎるし
スピーカーも近すぎるし、あまり感情移入もできず・・・。
しかも入場は反対側からだし。でも久々の生ぴーちゃんですよぉ。
ひゃぁぁ~♡かなりお痩せになりました?一回り小さくなってるような?
30歳も近くになってあまり痩せてると、ちょっと貧相な感じがしてしまうのは
私だけでしょうか?のんちゃんが大きいから余計小さく見えるのかな?

撮影は共演者・スタッフとも仲がよくて、いい感じだったと。
ぴーちゃんは佐野さんと食事に行ったって言ってたな。
みんなでサファリパークに行ったとも。共演の女の子はきりんの
舌が長くてびっくりしたと言っておりました。
舞台挨拶とか慣れてないせいか、何を言いたいのか意味不明な
ことが多々あり、ここで水川あさみさんとかいればうまくフォロー
してくれたのかもしれないけど、あまり口数が多くないぴーちゃんと
後輩ゆえにしゃしゃっちゃいけないと思っているだろうのんちゃんと
役者佐野さんじゃーねー。
共演の女の子は初対面の際にぴーちゃってもっと「うえぇ~い!!」
(言っちゃえば手越みたいな(笑))って感じかと思ったのに、ぜんぜん
そんな感じじゃなくて、驚いたって言ってたけど、ぴーちゃんって
どこからどーみても「うえぇぇ~い!」って感じには見えないと思うん
ですけどねー。

2回目は11列目のセンター寄りだったし、今度は上手側からの登場で
こそこ近くて拝めたので、幸せでした。にこにこ笑顔でちゃんとお手振り
しながらの入場。中央通路でちょっと立ち止まって、後ろの客席にも
きちんと視線を配りお手振り。きゃわわわ~。
帰りもいつものはにかみ笑顔で、にこやかにお手振り。これまたきゃわわわ~。
のんちゃんもスマイル全開でいっけめ~ん。でも、ぴーちゃんに必死な私は
イマイチ把握できず・・・。もったいない・もったいない。

2回目では、のんちゃんが撮休の日でも見学に来て、ぴーちゃんの
演技とか見てたのに感心したと監督談。しかも、デビュー曲の
PV撮影とか、westの仕事で途中ハワイに行ってたりですごく
忙しそうだったのに、きちんと役を理解して撮影に挑んでくれてて
それもまた感心したと。のんちゃん最初は???みたいな感じ
だったけど「あ~、そーでした・そーでした。思い出しましたわ。」
「ハワイで焼けないように頑張りました」って。

ぴーちゃんはさっき男の人相手に壁ドンしてきましたって。
「実はシューイチで男性デレクターさんを相手に壁ドンしてきまして
明日放送になると思うので、見てください。」って。



ここからは映画のネタバレになるので気をつけて。
ネタバレ嫌な方は回避お願いします。しかもちょっと辛口トーク。

映画はね、ストレートな恋愛映画。
おもしろいことは面白かったんだけど、どーしてもぴーちゃんの
劣化が気になってしまう私。もちろん年齢を重ねてもぴーちゃんは
ちょー素敵なんだけど、こんなかっこいい先生いないよな~って
思うんだけど、それでも”う~ん”って思ってしまう・・・。

しかも、無意識の行動に気持ちが表れるってコンセプトは
わかるんだけど、無意識の行動をこれ見よがしにアップで
見せる技法ってどーなの?これは監督悪いよね~。
無意識の行動なんだからクローズアップせずに、逆に
わからいように見せて最後になーるほど!って思わせて
いただきたいんですけどねー。
若者には何事もストレートに表現しないと伝わらないのかなぁ?
これで一気に興ざめ。

随所に胸キュン場面がちりばめられてますよ。
壁ドン・頭ぽんぽん・お姫様抱っこ・後ろハグ・これでもか!
ってくらい胸キュンなんだけど、なんか安っぽいんだよなぁ。
ツンデレ教師という割には、デレデレ教師になっちゃってるし
みんなには内緒にって言ってるわりには、ゆにちゃん教室で
先生のこと見つめちゃってるし。
そんな見つめてたら、ソッコーばれるって。
しかも扉を開けたまま、学校内で抱き合っちゃってるし。
誰でも通るっちゅーねん。すぐ見つかるっちゅーねん。

一番よかったのは、先生がゆにのお家の外から電話をかけて
「ちょっと窓開けて。」「顔見たくなったから。」って。
そのまま帰って行こうとする先生を追いかけて外に出てきた
ゆにちゃんが後ろから抱き付いて「おやすみなさい。」
(だったかな?セリフは忘れちゃったけど)と言ったあと
ばーっと走って家に戻るシーン。これは好きだわ。うん。

あとは小瀧が先生を殴るシーンね。
小瀧かっけー!って思いました。まる。

大変申し訳ない話、TVの「Season zero」のほうは胸キュン
だったし、見どころ満載だったし、面白かったような。
ちゃんと映画とリンクしてて、そーいうことだったのかぁ~って
思わせてくれるところもありで、それはそれでおもしろかった。
ただ、TVのほうでご出演のハルカのお姉さんとか優太は
ぜんぜん絡みませんのであしからず。
ハルカの小学生役の子、あらんちゃんにちょっと似てて、うまいこと
探してくるなぁ~って感じ。とってもかわいいです。

いろいろ言ってしまったけど、それなりに面白くはありますので
みなさま、ぴーちゃんの胸キュン演技、ぜひ劇場で見てね~☆


オーシャンズ11 大阪

ガムシャラ夏祭り 8/10 3部

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)